産業廃棄物処理業務 株式会社ノザワ

ノザワ

本店/ショールーム TEL:0178-20-9958 〒039-1113 青森県八戸市西白山台6-9-45
南郷リサイクル工場 TEL:0178-83-2135 〒031-0202 青森県八戸市南郷区大字島守字和山22-8

お問い合せ
トップページ > 事業内容
廃棄物処理・リサイクルシステム
木くず 廃棄物が資源再生されるまでのプロセス
流木や抜根、枝葉、解体工事から排出される廃木材などが搬入されます。

回転フォーク付のバックホーにより破砕機に木くずを投入します。

40mm程度に破砕をします。同時に磁選機により鉄類を取り除きます。
破砕された木くずは、再度粉砕処理を行いますが、一部はボイラー燃料として販売されます。

紙くず 廃棄物が資源再生されるまでのプロセス
ダンボール等を圧縮し、紙資源(古紙)として再利用します。

廃プラスチック 廃棄物が資源再生されるまでのプロセス
ビニールくずやブルーシート等、工事現場等から発生するプラスチックを原料とします。

さらに種類ごとに分別し、不適分の除去を行います。

押出し、成形しやすいように細かく破砕をします。
破砕された原料は貯留ホッパーへ投入されスクリューコンベアにより成形機に送り出されます。

投入された原料は成形機により圧縮成形し約Φ40mmの棒状の固形燃料が作り出されます。

廃棄物から生まれ変わった固形燃料は23MJ/kg以上の発熱量を持ち様々な熱源として利用されます。
固形燃料(RPF)の完成。国内のボイラー燃料として出荷されます。

農業用廃プラスチック 廃棄物が資源再生されるまでのプロセス
使用済みの農業マルチビニルやフィルム状のビニル。

細かく破砕し、洗浄・乾燥処理を行いフラフ状にします。

加熱造粒処理を行い、プラスチック原料として出荷します。

がれき 廃棄物が資源再生されるまでのプロセス
道路工事や解体工事等の建設現場から排出されるコンクリート塊。

40mm度に破砕、磁選機による金属の除去、砕石の粒度調整処理を行います。

破砕された再生砕石は路盤材等の建設資材として利用されます。

石膏ボード・外装材・蛍光管 廃棄物が資源再生されるまでのプロセス
●廃石膏ボード
石膏ボードの原料として再利用されます。

●廃外装材
破砕し、セメントの原料として再利用されます。

●蛍光管
飛散の危険性がある水銀蒸気を外に漏らさずに破砕する装置。

塗装・リフォーム事業部

一般住宅から、店舗、医療施設等、建物の塗装、防水からリフォームまで、承っております。 詳しくは、ノザワ 塗装・リフォーム事業部ホームページをご覧ください。

塗装・リフォーム事業部